人権教育 >> 記事詳細

2018/05/23

第1回人権学習HR活動

| by:人権教育課

 5月10日(木)の7限目に、第1回人権学習HR活動を行いました。

 

1年生「仲間作り(アサーション等)」

 高校に入学して一ヶ月、これまでの友達や新しい友達とよりよい人間関係を築くにはどうしたらいいのでしょうか。みんなで考えました。

 
*人権教育推進委員の感想より
 相手の気持ちを大切にしつつ、自分の考えもしっかりと伝えることが大切だと思った。
お互いを認め合い、尊重し合いながら楽しい高校生活を送っていきたい。

 

2年生「北海道の開拓とアイヌの人々」

 アイヌ語のクイズに挑戦した後、アイヌの人々の文化やアイヌの人々が奪われた権利について学び、なぜ差別がなくならないのか、自分たちには何ができるのか、様々な角度から考えました。

*人権教育推進委員の感想より
 「アイヌ」という言葉は何度も聞いたことがあったけれど、詳しくは知らなかった。差別の始まりには「よく知らない」「わからない」ということが深く関係しているのではないかと思う。もっと色々なことを知り、誤った情報や噂に流されないようにしたい。


 

3年生「リフレーミング」

 否定的な表現を使えば人間関係はぎくしゃくしますが、肯定的に言い換えることでお互いに良い関係を築くことができます。まずはお互いの欠点を長所に変えて表現してみましょう!

*人権教育推進委員の感想より
 実際にリフレーミングをしてみると、良い言葉がたくさん出てきて、お互いの短所を長所に言い換えることができた。
自分を見つめ直すことができたので、これからの就職試験や受験の時にもこの視点を忘れず、生かしていきたい。


13:20