活動記録 >> 記事詳細

2015/11/04

「NIPPON」探究スクール事業 活動報告㉕

| by:NIPP0N探究

 

 今年度の徳島県内研修2回目として,9月9日(水),学校祭の代休を利用して,藍の館と徳島大学薬学部に研修に行きました。藍の館には,近世徳島の主要産業の1つであった藍染めの体験学習及び藍に関する民俗資料の学習のために,徳島大学薬学部には土屋浩一郎教授より長井長義についてご講義をいただくために,それぞれ訪問しました。



【藍の館 研修の様子】

      

まずは藍染め体験から。エプロンを着用します。    染める前に絵柄についてお話しいただいています。

      

絵柄を決めた後,ハンカチを染めています。      一度出して,空気に触れさせています。

      

染め終わり,ゴシゴシ水洗い。              洗った後はアイロンで湿気としわを取ります。

      

綺麗にできあがりました。満面の笑みです。      男子生徒の絵柄ははっきりしています。なかなか上手。

      

その後,旧奥村家屋敷を見学しました。        藍をつくる道具を見ています。

      

藍ができるまでの過程について見ています。      教頭先生がご説明してくださっています。

      

みんなで楽しく展示を見た後,休憩している間に!?  ひとりで2枚目をつくっていました!




【徳島大学薬学部 研修の様子】

      

徳島大学薬学部土屋浩一郎教授より,長井長義の生涯と功績についてお話をしていただきました。

      

現在の薬学研究者を遡っていくと,長井長義博士につながるとのことです。2人は博士のメダルを見ています。

      

学内には長井長義博士関連の展示がいたるところに。 映画に登場した入口の青石です。生徒は「あっ,あった!」。

      

長井記念ホールに移動しました。            長井長義ゆかりの品々がたくさん展示されていました。

      

参考文献に載っていた資料がいっぱい!        ホールも案内してくださいました。

         
最後に質問コーナー。いろいろな観点から質問が。   長井長義博士の銅像前で記念撮影。


 


10:00