人権教育 >> 記事詳細

2015/11/20

第46回海部郡人権教育研究大会(海陽大会)

| by:人権教育課
平成27年11月9日(月)に海部高等学校にて第46回海部郡人権教育研究大会の高校部会が開催されました。
「人権意識を高め,希望に向かい,人権課題を解決しようとする実践力をもつ生徒の育成」のテーマのもと,公開授業と講演会が行われました。海部郡内の小・中学校や海陽町教育委員会からは17名のご参加がありました。

公開授業では「命」「バリアフリー」「コミュニケーション」などのテーマのもと,工夫を凝らした授業が展開され,積極的に話合いに参加する生徒の姿が見られました。公共の場で席を譲るときの声かけやブラインドウォークなど,実演を取り入れた授業も展開されました。





その後,「障がい者に対する心のバリアフリー」という演題で人権教育サポーターの久保 修 氏による講演会が行われました。久保氏は「『障がい者を可愛そう』と思うのは偏見であり,幸せか否かは本人が決めること」とお話をされた上で「車いす利用者と話す場合は威圧感を感じさせないように視線の高さを等しくすることが大切だ」と実演を交えて分かりやすく説明されました。

11:50