お知らせ

平成30年度「遠隔授業」研究報告書

 平成30年度から3年間(予定)、文部科学省「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」研究指定校として、『小規模校での多様な学習を可能にする遠隔授業の調査研究』に取り組んでいます。
 初年度(1年間)の調査研究内容を報告書にまとめました。

H30「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」研究報告書.pdf

 2年目は、徳島県立総合教育センターからの通年の授業配信に加えて、学校間配信方式による遠隔授業などの新たな試みも実践して、県内および県外の高等学校へ取組の成果等を普及していきます。
 
遠隔授業の実践報告 >> 記事詳細

2017/01/20

遠隔事業において高大連携授業を実施しました!!

| by:遠隔授業担当者
平成29年1月20日(金)

数理科学科物理選択者11名を対象として,テレビ会議システムを利用した高等学校・大学の連携授業を実施しました。

徳島大学理工学部理工学科教授の出口祥啓先生に「君のアイディアを発明にしてみよう」をテーマに,知的財産権について,特許を中心に,カップラーメンなどの身近な事例をあげながらわかりやすく教えていただきました。
授業を受けた25HRのメンバーからは「研究に前より興味をもちました」や「人工知能に負けないように創造力を鍛えるべきだと思った」,「僕も特許をとってみたい!」などの感想が聞かれました。

            

遠隔授業を受けるのは初めてでしたが,興味をもって新鮮な気持ちで受けることができたようです。テレビ会議システムを利用すれば「遠いところでも大学の先生の授業をうけられるところに興味をもった」という声もありました。

出口先生には,興味深い講義をいただき,大変お世話になりました。
18:32