人権教育 >> 記事詳細

2018/02/20

第5回人権学習HR活動

| by:人権教育課
 2月15日木曜日の7時間目に、第5回人権学習HR活動を行いました。

1年生「性と差別について考える」
 セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の人々をとりまく人権問題について学びました。LGBTに関するクイズや当事者の思いがわかる動画視聴をとおして,性のあり方は一人一人違うことを知りました。そして,カミングアウトされた場合に配慮すべき点などについてみんなで考えました。




2年生「共に生きるーノーマライゼーションー」
 ノーマライゼーションとは,障がいのある人も,ない人も,社会の一員として,互いに尊重し支え合いながら,地域の中でともに生活する社会こそが当たり前の社会であるという考え方です。今回は,障がい者を取り巻く現状についての動画視聴と高齢者の疑似体験セットによる体験学習を行いました。



*生徒の感想より
・目がみえにくい人のめがねをかけてみると,全然前が見えなくて苦労しました。生活する上で障害となっているものはたくさんあるのだと体験してみて気がつきました。みんなが住みやすい町づくりをしていくべきだと思いました。
・障がいのある人の人権について改めて考えるきっかけになりました。動画で差別の実態を見て,間違っていると思いました。私たちは自分自身をもう一度見つめ直し,行動していくべきです。心のバリアを取り除くことが大切だと思いました。
11:17