留学支援について

留学支援について >> 記事詳細

2019/10/14

留学体験生徒が英語弁論大会出場

| by:支援プロジェクト
第73回徳島県高等学校英語弁論大会
坂東 栞穂さん
(数理科学科1年生)
兒戸 聖弥くん
(数理科学科2年生)
10月14日(月)、徳島県教育会館において、第73回徳島県高等学校英語弁論大会が開催され、本校代表(各校2名以内)として、夏のオーストラリア短期留学を経験した坂東さんと兒戸くんが出場しました。


演題  “Love Yourself and Be Confident !”
スピーチの時間制限は1人4分30秒~5分30秒。坂東さんは、日本の若者があまり自尊心をもてていない現状を問題視して、留学中に行動をともにしたオーストラリアの高校生の生き方・考え方に刺激を受けて、自分を好きになること、自信をもつことの大切さを訴えました


演題  “Securing a Brighter Future for Our Hometown”
兒戸くんは、「総合的な学習の時間」の課題解決学習で扱った国連のSDGs(持続可能な開発目標)について、海陽町の急激な人口減少を問題視し、ふるさとに若者が集う町づくりの新たな提案をして、同世代の高校生に人口減少が待ったなしの問題であることを訴えました

各校(参加15校)から精鋭がエントリーする大会のため残念ながら入賞はできませんでしたが、二人とも、聴衆の高校生、教員、保護者に向けて練習の成果を十分に発揮した素晴らしいスピーチ・パフォーマンスでした

なお、同日に開催された第54回徳島県高等学校英作文コンテスト(全28名出場)に、平野学宜くん(数理科学科3年)木本健太くん(数理科学科2年)の2名が参加しま、90分間の課題英作文にチャレンジしました。
17:00