トピックス >> 記事詳細

2019/08/30

教職員がAED講習を受講

| by:教 頭
8月5日(月)と30日(金)、海部消防組合海南消防署の方に来ていただき、教職員AED講習会を開催しました。

1.正しい胸骨圧迫心臓マッサージ)の方法を学ぶ


4月から地元消防署で勤務している本校卒業生が、心臓マッサージのお手本を見せてくれました。
<ポイント>
①強く胸が約5cm沈むまで
②はやく1分間に100~120回のテンポで
③AEDが届くまで。

2.AED(自動体外式除細動器)の使用方法を学ぶ

胸骨圧迫および人工呼吸を行っても自発呼吸ができていない(心停止の)際、AEDを使用して電気ショックを与えて、胸骨圧迫および人工呼吸を行うことになります。

3.学校で遭遇した場合に備えて実際に行ってみる

「チーム海部」のキャプテン、保健体育科主任の川内先生が“胸骨圧迫“のデモンストレーションを行いました。見事です!

乃一先生は、救助者の気道をきちんと確保して“人工呼吸”を試みました!

自発呼吸ができていないため、AEDの音声操作ガイドに従って電気ショックを与えました!

必要なのは、①119番通報とAEDの要請②胸骨圧迫(心臓マッサージ)、電気ショック。心拍数について、正常な状態と心室細動を起こした状態を補足説明していただきました。

3.負傷者の搬送方法を学ぶ

保健室に置いている簡易担架で、負傷者の“搬送”をやってみました。

今回の講習で、緊急時の対応方法を体験をとおして身に付けることができました。今後、学校行事や部活動などで役立てていきたいと思います。
17:00