トピックス >> 記事詳細

2019/07/16

開校記念講演会「宇宙開発の今」

| by:活性化委
“宇宙開発の今”
  ~生活の中で役立っている宇宙開発技術~

7月16日(火)の開校記念日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)から石田 中(いしだ・ちゅう)氏をお迎えして、講演をしていただきました。

<第1宇宙技術部門>衛星利用センター特任担当役

全校生徒、PTAなど350名余りが興味深く聞きました

絵文字:星 第1部「宇宙開発の最前線」

7月11日(木)小惑星探査機「はやぶさ2」が2回目のタッチダウン
サンプル採取に成功!

N-Iロケット(1975年)から主力の大型H-IIAロケット(2001年)へ
世界トップレベルの日本の技術!

世界15か国が参加する国際宇宙ステーション(ISS)
実験棟「きぼう」、補給機「こうのとり」で日本は大きく貢献!

絵文字:星 第2部「宇宙から見た地球環境」

さまざまな“人工衛星”は、気候変動や災害状況の把握に役立っています

JAXAでは人工衛星を用いて社会課題の解決に取り組んでいます
私たち海高生は、SDGsの学びを進めていこう!


絵文字:星 第3部「宇宙について」

常に新しい星が生まれている神秘的な宇宙
無限の宇宙に夢や人類の可能性が広がりました

「僕は大学に進学してAIを研究したいのですが...」
AIJAXAの技術はどのように関係ありますか?」

絵文字:星 生徒の感想より
絵文字:一人普段では聞くことができない「宇宙」や「人工衛星」について知ることができた。
絵文字:一人小さい頃から宇宙に興味があったので謎が解明されていくのがうれしい。
絵文字:一人JAXAの活動もSDGsにつながっているのに驚いた。
絵文字:一人星が好きで楽しんで聞くことができた。
絵文字:一人ロケット、人工衛星、星の誕生・・・夢が膨らむ話に魅了されました。


18:00