お知らせ

平成30年度「遠隔授業」研究報告書

 平成30年度から3年間(予定)、文部科学省「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」研究指定校として、『小規模校での多様な学習を可能にする遠隔授業の調査研究』に取り組んでいます。
 初年度(1年間)の調査研究内容を報告書にまとめました。

H30「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」研究報告書.pdf

 2年目は、徳島県立総合教育センターからの通年の授業配信に加えて、学校間配信方式による遠隔授業などの新たな試みも実践して、県内および県外の高等学校へ取組の成果等を普及していきます。
 
遠隔授業の実践報告 >> 記事詳細

2019/01/24

「遠隔特別講座(日本史B)」実施!

| by:部顧問
文部科学省「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」
「遠隔特別講義(日本史B)」実施!
1/24(木)3限目、2年生日本史B選択者(9名)を対象に、
衣川仁教授(徳島大学・総合科学部)
徳島県立総合教育センターから授業を行ってくださいました。

講義テーマ「民衆の中世史」
"祈り"を通して中世の人々は神仏をどのように思っていたのか,中世とはどんな時代であったか,について考えました。

  
軽妙な語り口の衣川先生,授業は和やかな雰囲気でした!

初めて遠隔授業を体験しました。

衣川先生からクイズ!

では,いっせいに答えをどうぞ~

絵文字:晴れ私たちが描いている中世のイメージと史料から見える「中世」は違う姿をしていました。自分の持つイメージや常識を疑い追究することが大切であると気づかされました。

12:38