お知らせ

平成30年度「遠隔授業」研究報告書

 平成30年度から3年間(予定)、文部科学省「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」研究指定校として、『小規模校での多様な学習を可能にする遠隔授業の調査研究』に取り組んでいます。
 初年度(1年間)の調査研究内容を報告書にまとめました。

H30「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」研究報告書.pdf

 2年目は、徳島県立総合教育センターからの通年の授業配信に加えて、学校間配信方式による遠隔授業などの新たな試みも実践して、県内および県外の高等学校へ取組の成果等を普及していきます。
 
遠隔授業の実践報告 >> 記事詳細

2018/12/19

「遠隔特別講義(地理B)」実施!

| by:遠隔授業担当者
文部科学省「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」
「遠隔特別講義(地理B)」実施!

12/19(水)3限目、2年生地理B選択者(6名)を対象に、
古田昇教授(徳島文理大学・文学部・文化財学科長)
徳島県立総合教育センターから授業を行ってくださいました。

高校で教鞭をとられた経験を活かして、親しく語りかけてくれました。

6名にとって初めての遠隔授業でしたが、楽しく学べました。

津波浸水マップをモニターで見ながら、学校周辺の地形を学びました。

生活圏内の地形を知ることで、「地理」が身近に感じられました。
絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人

絵文字:良くできました OK 「主体的・対話的で深い学び」の授業を推進するため、
  2月に実際の地形を確かめるフィールドワークを行う予定です。

18:00