京都賞

 この研修は,村口 和孝氏(徳島県海部郡出身)の支援による『海部高校支援プロジェクト』から始まり、現在は海陽町の支援で活動しています。
「未来は,自ら拓くもの」の精神のもと,自ら学び,自分の未来の可能性を広げ,国際的に活躍する人間を育成することを目的としています。
 京都賞の授賞式に直接参加できる高校生は,全国でも海部高校生のみです。
 
京都賞(活動日誌) >> 記事詳細

2018/11/12

第34回京都賞授賞式に出席!

| by:支援プロジェクト
****** 海陽町による海部高校支援プロジェクト ******
      The 2018 Kyoto Prize

「第34回京都賞」授賞式に参加!
11月10日(土)午後、
国立京都国際会館で開催された第34回京都賞授賞式
数理科学科1年生6名が参加しました。



絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人 3名の受賞者 絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人
<先端技術部門>
絵文字:星カール・ダイセロス 博士
 (神経科学者・スタンフォード大学教授)
 ~光遺伝学の創成と因果関係を証明するシステム神経科学の展開~
<基礎科学部門>
絵文字:星柏原 正樹 博士
 (数学者・京都大学特任教授)
 ~現代数学諸分野への多大な貢献:D加群の理論の基礎からの展開~
<思想・芸術部門>
絵文字:星ジョーン・ジョナス 氏
 (美術家・マサチューセッツ工科大学名誉教授)
 ~パフォーマンスとニューメディアを融合させた新しい芸術表現の
 先駆者である、50年にわたり現代美術の最先端を走り続ける芸術家~
絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人


村口和孝氏(中央左)、稲森豊実氏(中央右)を囲んで
※本校生の京都賞授賞式出席に継続して支援していただいています

翌11月11日(日)午後、
受賞者3名による記念講演会に出席しました。



また、京都大学大学院農学研究科(産業微生物学講座)の
特定助教である竹内道樹氏が、
本校生のために農学研究棟実験室を案内・説明してくださいました。


~参加生徒の感想~
・過去の受賞者の中にノーベル賞を受賞した方がたくさんいて、
 京都賞が日本を代表する国際賞であると実感しました。
・講演会を聞いて、「人のため、世のために役立つことをなすことが、
 人間として最高の行為である」京都賞の理念を少し理解できました。
・京都大学大学院での研究内容をお聞きして、高校での勉強が
 学部や大学院での研究に必要不可欠だと再認識できました。

09:00