お知らせ

平成29年度「遠隔授業」研究報告書

平成27年度から29年度までの3年間、文部科学省「多様な学習を支援する高等学校の推進事業」で
『過疎地の高校における遠隔授業の導入に関する調査研究』に取り組み、報告書にまとめました。

平成29年度「多様な学習を支援する高等学校の推進事業」報告書.pdf

~平成30年度から新たな研究実践を~
 文部科学省「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」の中で
 調査研究校として『小規模校での学習を可能にする遠隔授業の調査研究』をスタートさせています。
 
遠隔授業の実践報告 >> 記事詳細

2018/08/21

「徳島の魅力、徳島で働く」夏期集中講義サテライト会場開設

| by:遠隔授業担当者
徳島大学を中心とする、徳島で6つの高等教育機関が共同で開催する
COCプラス事業参加校共同授業のサテライト会場として海部高校で
夏期集中講義「徳島の魅力、徳島で働く」が遠隔授業で行われました。

【第1日目(8月20日)】
 飯泉嘉門徳島県知事 から「徳島県の将来ビジョン」について講義を受けました。
   
午後は、徳島経済研究所専務理事 荒木光二郎先生 から
「徳島件の強みと成長産業」の講義を受けました。
海部高校からも徳島県南部の地域活性化について直接荒木先生に質問しました。

【第2日目(8月21日)】
(株)ユニフォーク代表取締役 岡部斗夢先生 から
「地域づくり・観光・ICT産業の仕事」について講義を受けた後、
「地域づくりと観光産業」についてメイン会場のパネルディスカッションに
参加しました。
また、県西部のサテライト会場の脇町高校、池田高校の生徒と遠隔システムを利用して地域づくりについての意見交換を行いました。
   
   
   
   

徳島の魅力を発見し、徳島で働く意欲に結びつくヒントを、海部高校生だけでなく、
大学生や企業の方々から意見をいただき、直接質問でき、同世代の県西の高校生と意見交換ができた、実り多き2日間になりました。

徳島大学COCプラス推進本部事務局の皆様、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
16:45