トピックス >> 記事詳細

2020/12/21

海陽町津波避難訓練に参加しました

| by:環境防災課
 海陽町では,毎年津波避難訓練を実施しており,今年も12月20日(日)に徳島県沿岸に「大津波警報」が発表されたという想定で津波避難訓練を実施しました。海部高校は海陽町内に13か所指定されている緊急津波避難場所の一つであり,毎年,防災クラブ員や海部寮生を中心に訓練に参加しています。

 日曜日の午前6時に「大津波警報発表」のサイレンが海陽町内に鳴り響き,避難訓練が始まりました。海部高校にも続々と地域の方々が避難してきました。

 今年は,海陽町の指導の下,新型コロナウイルス感染防止のため,マスクを着用し,手指消毒をしてから4階まで避難してもらいました。

 海陽町危機管理課の職員の方々から,避難するときの注意についてお話を聞きました。地域の方々と,海陽町外から来ている寮生たちが一同に会して真剣に話を聞きました。

 午前6時30分に「大津波警報解除」の放送が流れ,避難訓練は終了しましたが,帰りに本校の防災クラブを代表して,中松 大和君(普通科3年)が地域の方々に防災キャビネットの使用方法について説明しました。いざというときに,地域の方々に分かっていただいておくことは大変重要だと考えています。

 最後に寮生が防災ビスケットを配付して終了しました。

 今年,海部高校を非難訓練の場所に選んで参加してくださった人は,総勢52名でした。これからも,海部高校防災クラブは,地域の方々との「絆」を大切にし,防災活動を続けていきます。
17:37