お知らせ

平成30年度「遠隔授業」研究報告書

 平成30年度から3年間(予定)、文部科学省「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」研究指定校として、『小規模校での多様な学習を可能にする遠隔授業の調査研究』に取り組んでいます。
 初年度(1年間)の調査研究内容を報告書にまとめました。

H30「高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業」研究報告書.pdf

 2年目は、徳島県立総合教育センターからの通年の授業配信に加えて、学校間配信方式による遠隔授業などの新たな試みも実践して、県内および県外の高等学校へ取組の成果等を普及していきます。
 
遠隔授業の実践報告 >> 記事詳細

2020/12/21

令和2年度遠隔教育フォーラムin徳島

| by:遠隔授業担当者
12月17日(木)に令和2年度遠隔教育フォーラムin徳島を開催しました。
本フォーラムは,文部科学省委託事業「新時代の学びにおける先端技術導入実証事業」おける遠隔教育に係る実証研究の成果や課題等を共有し,遠隔教育の普及促進に資することを目的とし,徳島県教育委員会と海部高校の主催により実施しました。
本年度は例年とは異なり,新型コロナウィルス感染症拡大防止のため,Zoomによるオンライン開催となりましたが,全国各地の教育委員会や学校関係者の方々,また県内高等学校の先生方など,たくさんの方にご参加いただきました。

【 日 程 】
 9:20~ 9:40  開会,実証研究概要説明
 9:50~10:40  遠隔授業公開
10:50~11:20  公開授業に関する説明
             質疑・応答
11:20~11:50  実証研究発表
             質疑・応答
11:50~12:00  閉会


いつもと変わらない授業ですが,たくさんの方に見ていただいているので
いつもよりも少し緊張しているように見えました。

学習支援アプリケーション「MetaMoJi」上に解答を記入しているところ。
「☆・〇・×」のマークを記入し,問題が解けるか解けないかを授業者に伝えます。
授業者は,生徒の記したマークや解答を「MetaMoJi」上で確認し,考える際のヒントを提示したり,正答に赤丸を付けたりします。

参加者のみなさんが見ていた画面です。
「授業者」,「生徒正面」,「生徒背面」,「生徒手元」,「書画カメラ(ワークシート)」,「MetaMoJj」の画面を自由に選択していただきながら,授業の様子をご覧いただきました。

Zoomによる実施は初めての試みでしたが,終始通信障害なく,順調に終えることができました。また,授業後に行われた説明や研究発表などについても,ご参加いただいた方から質問をしていただきました。十分な回答ではなかったと思いますが,いささかなりともお役に立つ内容をお伝えできたでしょうか・・・。

ご多忙にもかかわらずご参加くださった皆様に,心より感謝申し上げます。
今後も遠隔教育システムの効果的な活用方法について研究を続けていきます。

15:17