SDGs×海部高校


 「SDGs」は,「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で,2015年に国連で開かれたサミットで決められた,国際社会共通の目標です。
  このサミットでは,2015年から2030年までの長期的な開発の指針として,「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。この文書の中心となる「持続可能な開発目標」を「SDGs」と呼んでいます。
 海部高校では,SDGsの目標を達成するために様々な学習や活動に取り組んでいます。海部郡内でも,SDGsの普及に向けて活動していきます。
 みなさんも,SDGsについて一緒に考えていきませんか?

                               海部高校は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
                                             SDGsロゴ利用ガイドライン

                          ※エシカルクラブの活動についてはこちらから
 

SDGs×海部高校 SDGsの17の目標

     

     

    
 

SDGs×海部高校 活動報告

活動報告
123
2021/02/16

JICAエッセイコンテスト2020入賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:SDGs推進担当

 「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2020」の高校生の部において,数理科学科2年生の原優香さんが国内機関長賞を受賞しました。
 「世界とつながる自分-私たちが考えること,できること-」のテーマのもと,原さん自身のこれまでの経験や,飢餓・食糧問題の解決に向けた思いを綴った『世界の「当たり前」を変えるための私の思い』という作品が選ばれました。
 おめでとうございます!!


15:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/01/27

【海部学】SDGs推進ローカル企業に学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by:SDGs推進担当
第2回「海部学」~2030SDGs in 海部~
「地元企業等によるSDGsの取り組み -ポスターセッション-」




1月26日(火)、総合的な探求の時間に、地元海陽町でSDGs(持続可能な開発目標)に取り組む企業等の方々をお迎えしてポスターセッションをしていただきました。それぞれのブースを訪問して取組事例を学び、自分たちにできるSDGsの取り組みを考えました。

お話をしていただいた10の企業
・in Between Blues
・海陽自然博物館マリンジャム
・株式会社Yes & Co.
・株式会社リブル
・NPO法人あったかいよう
・海陽愛あいクラブ
・阿波銀行
・SURF & HUNT
・株式会社あわえ
・ショッピング大黒














<参加生徒の感想>
●自分の知らないことがたくさんあった。様々な世代の人と交流をもつことが大事だと感じた。
●これだけたくさんの企業があるのに、一つ一つの企業のテーマややっていることが違っていてとても面白かった。
●自分にできることって何だろうと考えることで、自分の中での考えが深まるように感じました。
●自分自身も自分の町に興味をもって、町の魅力を発見していきたいと思いました。

18:46 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/12/22

JICA地球ひろば:フィリピンの国づくりを通したゲンバ体験

Tweet ThisSend to Facebook | by:SDGs推進担当
 12月22日(火)に数理科学科1年生,2年生のSDGs国際協力研究班が,JICA地球ひろばの「集まれ,世界の課題に関心のある高校生!~フィリピンの国づくりを通したゲンバ体験」に参加しました。

 日本全国から「SDGs」や「国際協力」,「開発途上国の課題」に関心のある高校生30名が参加して,フィリピンの国づくりについて共に考えました。

 まず,フィリピンに関する基礎情報を共有し,国づくりに重要な分野についてSDGsのターゲットを見ながら考えました。

(A) 運輸交通:貧困削減・経済活性化などを目的に,インフラ整備を支援する。
(B)防災:防災対策や,災害後の復旧・復興を支援する。
(C)教育:若年就業率向上や基礎教育機会向上を目的に,教育の質・量向上を図る。
(D)保険医療:乳幼児死亡率,妊産婦死亡率,その他主要疾病の罹患率の低下を図る。
(E)平和構築:平和の促進と紛争発生の予防,行政への信頼回復,治安の安定化などを支援する。

 各自が(A)から(E)の重点目標の中から優先順位をつけ,日本各地の高校生と意見交換しました。積極的な発言や質問が飛び交い,活発な意見交換ができました。

<参加生徒の感想>
◎JICA事業の内容を知ることができ,発展途上国の開発に興味を持てました。
◎SDGsを達成しつつ,国や社会をつくる難しさ,バランスを学ぶことがでました。
◎石川県や鹿児島県の高校生の方々と意見交換ができ,お互いに良い刺激を受けることができたと思います。
◎今までSDGsについて学んできたが,日本にはもっと深く学び考えている同世代の高校生がいることに刺激を受けました。
◎誰しもが住みやすい社会づくり,持続可能な開発について考えることは,私たちの世代の使命だと感じました。

18:16 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/12/10

21HR流SDGs!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web担当者
21HRは環境問題や食料問題について考える中で,これまで野菜や花の栽培に取り組んできました。2学期は,SDGsの2つめの達成目標である,「飢餓をゼロに」のテーマに基づき,食について考える機会として大根の栽培を始めました。

9月にペットボトルに土を入れ種をまき,渡り廊下で栽培をはじめました。
10月下旬には,こんな感じ ( ↓ ) に育ちました。

その後も,水やりをするなどしてみんなで見守っていると,すくすくと育ってくれました。
そして今日,いよいよ収穫の時です!


簡単には抜けないので協力して、よいしょ!

大根栽培担当大臣(?)も満足!

少し小ぶりですが,立派な大根ができました!

一番大きく育てることができたのどのグループでしょうか?

収穫したばかりの大根を調理します。
家庭科担当の坂東先生,学年主任の大田先生の監修のもと,おでん作りスタート!

大根,こんにゃく,ちくわ。それにウィンナー!

おいしそうな匂いに期待が膨らみます!

いよいよ試食会。いただきます!




おかわりください!


うどんを入れて,おでんをトッピング?!


自分たちで育てた大根をしっかりと味わうことができました。

今年のノーベル平和賞にはWFP(世界食糧計画)が選ばれました。
饑餓をはじめとする食糧問題への関心はますます高くなっています。
私たちもしっかりと考え,行動していきたいです。

14:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/04

国際教育振興弁論大会で各グループが入賞しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by:SDGs推進担当
 11月28日(土)に徳島県立総合教育センターで開催された,第56回徳島県国際教育振興弁論大会で,海部高校から出場した2人と1グループ高く評価され,すべて入賞しました。

【日本語による意見発表の部】
☆最優秀賞:寺崎 悠雅さん(数理科学科2年)~幸せな未来のために~
※寺崎悠雅さんは,徳島県代表として1月13日(水)に高知県で開催される四国大会に出場します。



【グループによる研究発表】
☆優良賞:海部高校 ~食料危機の小さな救世主~コオロギ食べてみん?~
※SDGs 学習で継続して研究してきた飢餓問題解決の方策についての内容が高く評価されました。



【英語による意見発表の部】
☆JICA四国センター所長賞:松島 海七美さん(数理科学科1年)~Let's Save the Seven Seas~
※身近で美しい海を守ろうとする意見発表の,内容と英会話スキルが評価されて入賞しました。



発表当日の様子はコチラ ↓↓↓
第56回徳島県国際教育振興弁論大会 - 徳島県立海部高等学校公式サイト (tokushima-ec.ed.jp)

13:39 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/11/30

第56回徳島県国際教育振興弁論大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:SDGs推進担当
11月28日(土)に徳島県立総合教育センターにて,第56回徳島県国際教育振興弁論大会が開催されました。海部高校からは,SDGsで学んだことを基にして,2人と1グループが出場し発表を行いました。

<日本語による意見発表の部>
 寺崎 悠雅(2年生)「幸せな未来のために」

 豊かな未来を作るために自分たちにできること,やらなければいけないことを考え,熱く語りかけました。

<英語による意見発表の部>
 松島 海七美(1年生)「Let's Save the Seven Seas」

プラスチックゴミなどで汚れる海をきれいに保ちたい,そんな思いを英語でスピーチしました。

<グループによる研究発表の部>
 SDGs 食糧問題研究班「食糧危機の小さな救世主~コオロギ食べてみん?~」

2年間かけてSDGsの学習を進めてきた中で,食糧問題解決の一つとして,昆虫食の普及について研究を進めてきました。企業を訪問したり,アンケートや実食体験をした中での調査や経験を基にした,わかりやすいプレゼンテーションでした。

発表を終えて・・・

「少し緊張したけど,最後までやり切ることができました!」
「場の雰囲気に飲み込まれずに,楽しみながらスピーチすることができました!」


「機器トラブルがあって,最初はどうなることかと思ったけど,最後まで発表できて良かったです。」
「時間内に終えられるかどうか心配だったけど,規定時間内に終えられて良かったです。」
「今まで練習してきた中で一番良い出来だったと思います。」
「これからも,食糧問題について考えていきたいと思います。」
「こんな発表の場に来ることができて良い経験になりました。」
09:10 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/08/31

SDGs研究成果発表(ユース世代等取組発表会)

Tweet ThisSend to Facebook | by:SDGs推進担当
 8月29日(土)に,四国地方ESD活動支援センターによる「令和2年度ユース世代等取組発表会」で,24HRが取り組んできたSDGsについての研究発表が行われました。
 これは,ユース世代等の SDGs につながる取組内容の発表と相互意見交換を行い、四国で SDGs に取り組む企業等の持続可能な事例との触れあいの機会を設け、交流を図ることを目的として行われています。
今回は,海部高校からZoomでの参加となりました。

 まず,株式会社武田林業代表取締役 武田惇奨 様から「はじめの一歩と,アイデアの源泉」と題した講演をしていただきました。その後,参加校からの取組内容の発表がありました。
 海部高校は,「地域と連携した食品ロス削減に向けた取り組み」について,24HRの食品ロス対策班が発表を行いました。







 各校の発表の後は,意見交換を含むワークショップが行われました。


<参加生徒の感想>
 今回,私たちと一緒に発表した,徳島県立城北高校,香川県立小豆島中央高校,愛媛県立上浮穴高校,高知県立伊野商業高校の皆さん,これからもSDGsについて交流が深められると嬉しいです。ありがとうございました。
11:55 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/08/26

SDGsロゴポスター掲示

Tweet ThisSend to Facebook | by:SDGs推進担当


JICA四国のご協力のもと,SDGsのロゴポスターを校内に掲示しました。

 

本校の昇降口には,SDGsカードゲームでご指導いただいた
渡邉芳彦先生からお借りしたSDGs啓発ポスターを展示しています。↓↓↓
http://kaifu-hs.tokushima-ec.ed.jp/jogf3g02r-532/#_532





19:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/08/21

SDGsカードゲーム

Tweet ThisSend to Facebook | by:SDGs推進担当
8月20日(木)の1年生の総合的な探究の時間は,「SDGsカードゲーム」でした。SDGsカードゲームを通して,SDGsの本質に迫るのは,今年で3年目になります。
今年のファシリテーターは,昨年に引き続き「2030SDGs」公認ファシリテーターの渡邉芳彦先生でした。







<参加生徒の感想>
・目的達成だけを考えてプレーすると,地球環境が悪化していくことがよく分かった。
・経済活動のみに重点を置いて活動すると,自然環境が破壊されたり,社会環境が悪化して住みにくい世の中になっていくことが分かりました。
・地球上のすべての人々が等しく住みやすい社会になるように,相互に協力し合うことが大切だと感じました。
・なぜ,今SDGsが注目されているのかが分かったような気がしました。もっとSDGs達成に向けての学習を進めていきたいと思いました。
・これから,今の社会で自分にできること,この町で自分にできることを探して実践していこうと思いました。

追記
渡邉芳彦先生からお借りしたSDGsのポスターを校内に掲示させていただきました。



21:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/07/24

竹灯りライトアップイベントへの参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:HP担当
 7月23日(木)午後6時30分から,海陽町の大里八幡神社前で全国47都道府県竹灯り一斉点灯のイベント「みんなの想火」がありました。
 海部高校では,6月下旬に「令和2年度文化芸術による子供育成総合事業(芸術家の派遣事業)」で,「たけの花」の檜垣先生を講師にお招きし,先生のご指導の下で竹灯りの制作に取り組みました。そのときに作られた65本の竹灯りにも明かりが灯されました。


竹灯りの制作をした生徒たちも鑑賞に来ていました。


竹灯り制作の様子はこちら↓↓↓
                     
竹灯り製作の様子

10:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
123