進学関係
123
2019/11/04

【総合探究】徳島大学鎌田先生のご講演

| by:進学課

総合的な探究の時間 × SDGs


 10月29日(火),徳島大学の鎌田先生が来校され,数理科学科1・2年生対象に,海陽町の自然やグリーンインフラ,生態系などについて,ご自身が研究されてきたことを紹介してくださりました。鎌田先生は,海陽町の松林や水田をグリーンインフラとして守り活用していくための研究を行われています。


 まず,自然には,「調整サービス」「供給サービス」「文化サービス」という3つの要素があるということを説明してくださりました。大里松原海岸の松林は,津波の到達を遅らせることや防風・防砂の役割としての「調整サービス」,昔は松林周辺で松露というきのこが採取されていたり,現在でも周辺住民の憩いの場となっていたりするという「供給サービス」,美しい松原の景観を見るために観光客が訪れる「文化サービス」というように,松林も3つの要素を持ち合わせているということでした。

 

  また,海陽町は希少な生物が多数生息しているというお話もしてくださりました。特に,水辺には希少な植物が生息しており,遠方から観察に来られる人も多いということでした。
 「地元なのに全然知らなかった」「ぜひ探しにいって観察したい」というような感想が生徒たちからは聞こえてきました。


 

 



 最後に,「SDGsの17項目を立体で考えると,最も基盤となるのは,陸や海,水といった自然やグリーンインフラを守ることである」というお話がありました。自然の価値や自然界で起こっている問題にしっかりと目を向け,そこから学び行動に移すことが大切だと考えさせられました。

 今回のご講演を通じて,生徒たちには,地元の自然への理解を深めてもらうとともに、自然保護への意識を高め,自然保護に貢献できる人になってもらいたいと思います。また,今後の探究活動やSDGsの学習に生かしてほしいです。

 鎌田先生,大変ありがとうございました。


14:50
2019/10/28

卒業生を迎えて「高大接続講演会」実施

| by:進学課
海陽町「地元高校育成補助事業」
高大接続講演会
~新学習指導要領「学びに向かう力」の育成を目指して~

絵文字:星 目 的
理数の専門学科である数理科学科の特色ある取組として、大学(院)で学ぶ卒業生等を招き、専門的な学びや研究活動など大学レベルの教育研究に触れる機会を提供することで、自然科学分野への興味関心を深めるとともに、学びに向かう力の育成や卒業後の進路選択に役立てる。

絵文字:星 講 師
織邊 尚子 さん ※数理科学科8期卒業生
  名古屋大学大学院
  生命農学研究科
  森林・環境資源科学専攻(2年生)

織邊先輩と昼休みに座談会をして、進路で疑問に思っていることを尋ねました。

絵文字:星 演 題
『私の見てきた大学と研究』

まず、学部(大学での最初の4年間)の生活について、高校生活との違いに触れながら、わかりやすく教えてくれました。

次に、学部での4年間のあと大学院へ進んだ目的、大学院で学ぶことの意義などについて、自分の考えや経験に基づいて説明してくださいました。

大学院で勉強・研究する先輩の話を聞いて、今の(教科・科目の)学習が、将来につながっていることを実感できました。

<質疑応答>
問.木本健太くん(2年生)
「(大学に入学する前の)高校時代にしておくべきこと、しておいたら良かったことはどんなことですか?」

答.織邊さん(先輩)
「高校時代は、各教科の先生方から与えられた課題をこなすのに精一杯で、(大学生になってからみたいに)独自に取り組んだことは少なかったと思います。でも、地道に学習しておくことは大切だと思います。」

17:00
2019/10/25

【総合探究】大里松原海岸でフィールドワーク

| by:進学課

総合的な探究の時間 × SDGs


10月17日(木),数理科学科1年生の5名が,総合的な探究の時間に取り組んでいる『持続可能な開発目標(SDGs)』の学習の一環として,大里松原海岸のフィールドワークを行いました。

大里松原海岸は,海陽町にある太平洋に面した海岸で,日本の白砂青松100選に選ばれています。南北におよそ2.5kmの松林が続いており,防砂・防風の役割を果たしています。


海陽町のグリーンインフラや,SDGsに関する研究をされている徳島大学の鎌田教授によるご講演を10月29日(火)に予定しており,今回はその事前学習として,実際に松原海岸を調査し,気付いたことについて意見交換しました。

 


この日は,台風の通過後ということもあり,風によって飛ばされ海岸沿いに堆積した砂を除去する作業が行われていました。
「もし,この松林がなければ,台風の度に松原海岸周辺は大きな被害を受けてしまうのではないか」
「この地域に松林はなくてはならないものだ」

と生徒たちは感じていました。


 

 

また,生徒たちが中学生時代に植樹した松も発見しました。まだ植えてから1年も経っていませんが,風で折れたものや,台風での漂流物に押しつぶされてしまったもの,松食い虫によって枯れたものもあり,生徒たちは少しショックを受けていました。


活動の最後に,「みんなにとって,松原海岸とは?」という質問をしました。

そこでみんなから出た答えは,「家族」でした。松原海岸で様々な人たちと交流し,松林に守られながら育ってきた生徒たちにとって,松原海岸は家族のようなあたたかさを感じる場所なのかもしれません。



29日(火)の鎌田教授のご講演でさらに知識・理解を深め,松原海岸への愛着をより一層強いものにしてもらいたいです。


19:56
2019/10/19

保護者対象進路説明会(進学)

| by:進学課
保護者対象進路説明会(進学)

10月19日(土)、1・2学年の保護者の方を対象に進路講演会を開催しました。

演 題・・・ 『入試改革に備え,家庭でできる対策』
講 師・・・ 鈴木 毅 先生(株式会社キッズ・コーポレーション講師)


たくさんの保護者(2~3年生)の方が参加されました。
本校の山口教諭から,本校の進学・就職の状況について
ご説明いたしました。


入試制度がどのように変わっていくか,最新の情報を詳しく
提供いただきました。


”自ら課題を見つけ,解決する能力”を求められる時代

絵文字:星 海部高校では,教員が校内・校外で研修会等に積極的に参加し,常に最新の情報を得ながら新しい大学入試に対応できるよう,準備をすすめていきます。


11:10
2019/10/17

新大学入試教員研修会を実施

| by:進学課
「大学入学共通テスト」
教員向け校内研修会を実施!

10月17日(木)、現2年生から始まる新しい大学入試制度について、外部講師をお迎えして、教員向け校内研修会を開催しました。

*** * 研 修 内 容 ****
絵文字:星 社会的背景と入試全体像
絵文字:星 大学入学共通テスト実施概要
絵文字:星 英語4技能検定
絵文字:星 多面的・総合的評価
**************



講師はベネッセコーポレーション(中四国支社)の岩城将太 様

「グローバル化」「少子高齢化」「AIの進展」により社会環境が急速に変化していて、様々な課題に多様な人々と協働して解決する力が求められる時代になってきています。

藤川校長をはじめ、熱心にメモをとる教員。「大学入学共通テスト」の問題構成・テスト時間は、国語がマークシート形式の大問4題+記述式大問1題で100分、数学IAが必須2題のうち1題について数式を記述する問題で70分、外国語(英語)がリーディング問題で80分、1回読みを含んだリスニング問題で30分に変更されます。

新しい大学入試制度は未発表の部分がたくさんあるため、迅速な情報収集と生徒へのタイムリーな情報提供を心掛けながら、万全の体制で進路指導を行って参ります。
12:00
2019/09/14

新大学入試に係る校内説明会を開催!

| by:進学課
大学入試英語成績提供システム
校内説明会(高2生&保護者)を開催!

9月13日(金)放課後、高2生と保護者を対象に、来年度から大きく変わる大学入試制度に係る英語成績提供システムについて、大学入試センター発行の冊子等を用いて校内説明会を開催しました。

共通ID発行申込期間:令和元年11/1(金)~11/14(木)

絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人 説 明 内 容 絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人
1.大学入試英語成績提供システムとは?
2.英語資格にはどんなものがあるのか?
3.どの程度の英語力が必要か?
4.各大学が求めている英語力は?
5.海部高校2年生にして欲しいこと
6.保護者の方へ
7.大学入学共通テストとは?

絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人絵文字:一人

大西先生(進路指導主事)の説明に耳を傾ける生徒たち

英語資格がスコアで6段階(上からC2, C1, B2, B1, A2, A1)に分かれていることを知りました。

大学によって求める英語力が違うことを知りました。

絵文字:星 大学入学共通テストについて(2021年1月実施予定)
 大学入試センターによると、現高2生が対象となる「大学入学共通テスト」では、国語、数学、英語の出題形式が変更されます。国語、数学では、マークシート式解答問題に加えて、一部が記述式問題となります。英語では、発音・アクセント問題、文法・語い・語法問題等がなくなり、リーディング問題(80分・100点)とリスニング問題(30分・100点)になります。

09:00
2019/07/11

校内「進路ガイダンス」開催

| by:進学課

進路ガイダンス
 in Kaifu High School 2019

7月11日(木)、県内・県外から33の大学・短大・専門学校に来ていただき、一人一人が学部・学科・分野についての正しい情報を得るために、校内で「進路ガイダンス」を開催しました。

自分の興味・関心に合わせて、全31ブースから絵文字:星①~③の時間帯に1つを選んで説明を聞きました。
絵文字:星 ガイダンス①10:50~11:20(30分)
絵文字:星 ガイダンス②11:30~12:00(30分)
絵文字:星 ガイダンス③12:10~12:40(30分)













14:00
2019/07/02

総合的な探究の時間〔SDGs③〕

| by:進学課
「総合的な探究の時間」絵文字:バツ『持続可能な開発目標(SDGs)』③

開発 vs 自然保護(つづき)
~人間と絶滅危惧種のオランウータンは共存できるのか~


7月2日(火)、先週に引き続き、インドネシア・タパヌリ地方の水力発電所建設問題について課題解決学習を行いました。

果たして、よりよい解決策はあるのだろうか?

まずは自分の考えの書き出し

グループ内で出し合った意見を代表者が整理して発表

Q.日本で同じような気になる問題はないだろうか?
絵文字:一人 イリオモテヤマネコ
絵文字:一人 ムラサキウニ
絵文字:一人 人里に出没する熊、イノシシ、サル
絵文字:一人 沖縄の基地建設と環境保護
絵文字:一人 高層ビル建設と日照問題
絵文字:一人 プラスチック類の海への流出

あわせて「エネルギー問題」「獣害対策」を少し考えてみる

Q.どのような行動を心がけたいか?
絵文字:星 限りある資源を大切にする
絵文字:星 生物が共存可能なエネルギー供給方法を考える
絵文字:星 双方向から物事を捉える力を養う
絵文字:星 世の中の出来事にアンテナを張って視野を広げる
19:00
2019/06/25

総合的な探究の時間〔SDGs②〕

| by:進学課
「総合的な探究の時間」絵文字:バツ『持続可能な開発目標(SDGs)』②

開発 vs 自然保護
~インドネシア・スマトラ島の水力発電所建設から考える~

6月25日(火)、先週の全体学習に続いて、「2030SDGs(=Sustainable Development Goals)」に関連づけた課題解決学習を行いました。


「絶滅の恐れがある新種オランウータンのすみかに、経済を豊かにする水力発電所を建設することは、17 Goals のどれに関連すると思いますか。」


「あなたは、水力発電所の建設に賛成ですか、反対ですか。その理由は何ですか。」


グループごとに話し合った内容を全体に発表

このあと、賛成派・反対派の双方が納得できるような方法・手段について考えました。


絵文字:星 「総合的な探究の時間」の学習プロセス
 ①課題の設定→②情報の収集→③整理・分析→④まとめ・表現

17:00
2019/06/23

保護者対象進路講演会(進学)

| by:進学課
保護者対象進路講演会(進学)

6月23日(日)、保護者の方を対象に進路講演会を開催しました。3年生にとっては現行の『大学入試センター試験』制度の最後の学年2年生にとっては新『大学入学共通テスト』最初の学年となります。

演 題・・・ 『大学入試の現状と保護者の心構え』
講 師・・・ 伊藤 智 先生(大学受験進学アドバーザー)


たくさんの保護者(1~3年生)の方が参加されました。

“「行ける(大学)」から「行きたい(大学)」見つける時代”

昔からよく言われるとおり、受験は団体戦!
今の時代は特に「最後まで粘った者が希望を叶えられる」時代

絵文字:星 海部高校では、教員が校内・校外で研修会等に積極的に参加するなどして、生徒が新しい大学入試で求められる学力を把握し、授業での全体指導や個別学習指導に生かしています。


15:00
123