海部高校魅力化プロジェクト

海部高校魅力化プロジェクト
1234
2019/12/31

【海部学】SDGs推進グローバル企業に学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~①地域を体験する実践海部道場~

SDGs推進
グローバル企業に学ぶ!

(11月末の「SDGs推進ローカル企業から学ぶ」に続いて)

12月25日(火)、探究活動の一環として、1年生38名が、株式会社クボタ本社(大阪市)を訪問し、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」達成を念頭に「食料」「水」「環境」分野でグローバル課題解決にチャレンジする様々な取組について学びました。


本社CSR企画部サスティナビリティ・グループ所属の永山理子様から、クボタの取組について話を伺いました。

1.会社概要

1890年創業のクボタ。国産の水道管開発・量産化(水インフラの整備)農業の機械化(安定的な食料生産)
公害を生まない水処理(快適な生活環境保全)と社会課題に貢献し続けて、現在は世界120か国以上で事業展開しているそうです。

2.日本が抱える水問題

「水」は人間が生きていく上でなくてはならないもの。地震大国日本において、クボタは、災害に強い水道管の開発・敷設で私たちの暮らしを支えてくれています。

3.世界が抱える水問題

日本と異なり、世界には安心・安全な「水」を確保できていない国がたくさんあり、クボタは、界各地での生活や農業に必要な「水」の供給に大きな貢献をしています。

4.クボタとSDGs

クボタでは、2030年までに、エコプロダクツ(環境配慮性の高い製品)の売上高比率80%国内拠点CO2排出量30%削減(2014年度比)など、SDGsの様々なゴールの達成に貢献する企業活動が行われています。

5.質疑応答


絵文字:ひらめきなぜ「スマート農業」が進むのですか?絵文字:ひらめきCO2排出量は簡単に削減できるのですか?絵文字:ひらめき国が豊かでない発展途上国を支援して利益を得られるのですか?、など参加生徒から次々と質問が出て、活発な校外学習となりました。

6.研修を終えて


絵文字:星クボタが、人々の暮らしが良くなるように、技術革新を進めながら、国内だけでなく世界の人々の暮らしに貢献する企業だと知って驚きました。

絵文字:星実際に会社を訪問してみて、「働く」ということが単に利益を追求するだけでなく、人々の幸せに貢献するものでなくてはならないと気づきました。

絵文字:星海外での売り上げが全体の約70%も占めていると聞いて、私たちは世界を意識して物事を考えていく必要があるのだと感じました。



09:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/12/06

【海部学】ゼロ・ウェイストアカデミーの取組に学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~①地域を体験する実践海部道場~

SDGs×ごみのない社会
12月3日(火)「総合的な探究の時間」に、特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー理事長の坂野晶さんをお迎えして、1年生が“無駄”、“ゴミ”、“浪費”について考えました。

絵文字:星 エシカルクラブ員から活動報告


海部高校エシカルクラブは、ゼロ・ウェイストや食品ロス問題解消に向けた「エシカル消費」に取り組んでいます。
絵文字:良くできました OK10/30(水)THE GREEN HEARTS 訪問報告
 
THE GREEN HEARTS は海陽町内で「ゼロ・ウェイスト活動」に取り組む無添加スパニッシュカフェ【ゼロ・ウェイスト認証店】絵文字:食事 給食を訪問して、インタビューしてきました。

Q1.「ゼロ・ウェイスト活動」の取組は?
絵文字:一人ステンレス製のストロー
絵文字:一人手作りラップ
絵文字:一人洗って使えるキッチンペーパー
絵文字:一人余った食材を鶏のエサに    など...
Q2.学校で心掛けるべきことは?
絵文字:星高校生段階から考えていくことが大切。
絵文字:星身近にヒントあり。
絵文字:星「楽しもう!」の気持ちで。

<今後の活動>
①エシカルポスター作成

員室の冷蔵庫ドアに掲示して先生方に呼びかけました!その他、3種類作成して、教室食堂調理室に貼りました!
②エシカルリーフレット作成
廃棄される「きゅうり」を使ったフルコースのレシピや、活動内容を記載したリーフレットを配布して、海高生や町の人に呼びかけます。

絵文字:星 坂野さんと共に考える

ごみをどう処理するかでなく、そもそもゴミを生み出さないようにする「ごみのない社会」を目指す必要があります。

絵文字:星 1年生の感想
家でも学校でも、当たり前のようにゴミを捨てていたのですが、地球規模で協力して取り組まないと、自分たちが大人になったときに大変なことになると分かりました。

自分たちの出したゴミがその後どうなっていくのか、追跡調査してみたいと思いました。

今のままだと、2050年の海には、魚よりプラスチックの方が多く存在すると聞いてビックリしました。

今まではゴミの分別の方に意識があったのですが、食品ロスを含めて、これからはゴミを出さないことを考えていきたいです。



17:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/12/02

地方創生ワカモノ会合in名古屋に参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
11月9日に「SDGsまちづくりアイデアコンテスト」の表彰式・講演会に2年生数理科学科2名が参加しました。受賞団体の発表を聴き,大変刺激になりました。




「SDGsまちづくりアイデアコンテスト」の内容を1,2年生の数理科学科に報告してもらいました。新聞やニュースなどでもSDGsに関して見聞きすること多く,今回の体験を今後の学びに活かしていきたいと思います。


19:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/11/27

【海部学】SDGs推進ローカル企業に学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~①地域を体験する実践海部道場~

SDGs推進
ローカル企業に学ぶ!


11月26日(火)、「総合的な探究の時間」に、海陽町内で「持続可能な開発目標(SDGs)」に取り組む地元企業等の方をお迎えして、1年生全員が取組事例を学びました。



絵文字:星 学習の流れ
1.開会、学習目的の共有(15分)
2.ブースセッション①(15分)
3.ブースセッション②(15分)
4.ブースセッション③(15分)
5.学習の振り返り(15分)
6.閉会(5分)


絵文字:星 ブース出展企業(9社)
絵文字:一人 株式会社トータス
老舗縫製工場。国内生産にこだわり、染色の材料まで自社製造し、「あまべ藍」ブランドを手がける会社。



絵文字:一人 海陽愛あいクラブ
総合型地域スポーツクラブ。町民の健康増進のため、ジム運営や高齢者向け運動イベントを実施。



絵文字:一人 NPO法人あったかいよう
海陽町のまちづくり団体。移住促進、空き家活用、交流イベントの開催に取り組む。



絵文字:一人 
THE GREEN HEARTs
手作り無添加スパニッシュカフェ。フードロスほぼゼロ宣言。ゼロ・ウェイスト認証。




絵文字:一人 株式会社リブル
牡蠣の養殖に取り組む水産ベンチャー会社。「世界一おもしろい水産業へ」がコンセプト。



絵文字:一人 海陽自然博物館マリンジャム
竹ヶ島にある観光施設。サンゴの移植を実施。海の豊かさを守る。



絵文字:一人 たけの花
竹灯りの制作に取り組む。家屋浸食や土砂災害リスクである竹害対策として、竹を素材とした工芸品を開発。



絵文字:一人 株式会社YES&Co.
環境と快適をテーマに、自然豊かな県南の耕作放棄地を活用して持続可能な農法で藍を育てている。水を起源とした生産物を大事としている。



絵文字:一人 株式会社阿波銀行
地域金融インフラの中枢。女性の活躍推進活動「AWA DONNA」プロジェクトを実施。


12:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/11/22

高校生料理教室

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委

「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~①地域を体験する実践海部道場~

高校生料理教室で

野菜たっぷり郷土食!!


11月20日(水),フードデザインの授業で美波保健所の管理栄養士さん,ヘルスメイトさんに講義と調理実習をしていただきました。


徳島県で問題となっている糖尿病や肥満・やせについての講話

1日に食べる野菜(目標量350g)の計量に挑戦!

ヘルスメイトさんに教えていただきながら調理実習

出来上がった料理「自分で作ろう!やさいたっぷり簡単メニュー」
1人分の野菜量は228g(1日の摂取目標量の2/3以上)

絵文字:星実習を終えた生徒の感想絵文字:星

・見た目は豪華なのに思ったより簡単にできた。

 来年一人暮らしをするので今日の調理実習を思い出し健康に気を
 使って自炊をしたい。

・薄味だったからこそ,普段は感じない野菜のうまみが分かった。

 これからは薄味を心がけたい。

・郷土食のそば米汁やゆずゼリーがとても美味しかったのでわたしの
 子ど
もにも伝えていきたい。


次の授業では,余ったゆずの皮で「エシカルゆずピール」をつくります!


17:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/10/28

SDGsまちづくりアイデアコンテスト結果

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~①地域を体験する実践海部道場~

SDGs
まちづくりアイデアコンテスト」応募作品が最終審査に


内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局、内閣府地方創生推進事務局が主催する「SDGsまちづくりアイデアコンテスト」に数理科学科2年生が応募した『デュアル・ホームタウン構想-I Have Another Hometownー』が、全応募186作品の中からファイナリスト25作品に選ばれました。

<海部高校からの応募作品>


選考結果サイトはこちら
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/wakamono/sdgs_contests.html
18:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/10/08

ふるさと納税PR動画完成試写会

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~①地域を体験する実践海部道場~

海陽町
ふるさと納税PR動画
完成試写会を実施!

10月8日(火)、情報ビジネス科2年生が「ふるさと納税PR動画2019」完成試写会を行いました。

絵文字:星 協力企業絵文字:星
絵文字:一人 (株)わんわん〔海陽町大井〕
絵文字:一人 平岡農園〔海陽町宍喰〕
絵文字:一人 たけの花〔海陽町吉野〕



海陽町(地元地域)の活性化に資する取組みとして、6月下旬から制作してきた「海陽町ふるさと納税PR動画2019」がついに完成しました。

完成試写会に、情報ビジネス科1年生や先生方を迎えて、盛大に行いました。
<これまでの学習の流れ>
(1) 動画制作の概要を学ぶ
(2) 協力企業へのロケ取材
(3) 構成・絵コンテ作成、カメラワーク講習
(4) 動画撮影
(5) 動画編集
 
平岡農園でのインタビュー撮影シーン

視聴後、映像制作を指導してくださった「上勝開拓団」の方に、生徒一人ひとりから動画制作で学んだことや作品の感想をお伝えしました。動画制作をとおして、海陽町の人やモノの魅力を再発見できました。




19:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/10/08

出身中学校で高校の魅力紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~③魅力化を推進する広報・組織~

海部高校生が
中学校で魅力を語る!

10月8日(火)、宍喰中学校で、中学2年生、3年生、保護者の方を対象とした高校進学説明会が開催され、3学科(普通科・数理科学科・情報ビジネス科)の代表生徒が海部高校の魅力を語りました。

普通科の魅力紹介(1年生・重田朋美さん)

数理科学科の魅力紹介(2年生・谷口美空さん)

情報ビジネス科の魅力紹介(3年生・濱部来佳さん)

絵文字:星 発表を終えた3人のコメント 絵文字:星

後輩の中学生や先生方の前での発表は緊張しましたが、海部高校の魅力を自分の言葉で伝えられて、良い経験になりました。

久しぶりに中学校を訪れることができて懐かしい気持ちになりました。

(中学校の先生方から)卒業生からの「(高校生活の)なまの声」は説得力があり、中学生が自分の進路を考える上で非常に役立つ、と言っていただきました。

今後、他の中学校でも、生徒による学校紹介をする予定です。



17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/10/07

海部高校説明会 in 東京<Part 2>

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~③魅力化を推進する広報・組織~
東京で中学生に
海部高校の魅力を紹介!


10月6日(日)、東京で開催された「親と子の私立・都立中学高校受験相談会2019」のブースを利用して、海部高校への進学相談会を行いました。

約3,000人が来場〔ホテルグランドパレス九段下〕


藤川校長が海部高校の魅力を親子に紹介


海部高校ブースに10組(18名)が訪れました

10月12日(土)開催のオープンスクール(公開授業、部活動見学など)に、県内・県外からたくさんの中学生が来校するのを楽しみにしています。

なお、ご希望の方には、寮・下宿等の説明をいたします。

17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/10/05

全商英語スピーチ県予選で入賞!

Tweet ThisSend to Facebook | by:活性化委
「ふるさと創生拠点ハイスクール推進事業」~②世界を体感するグローバル教育~
第36回全国商業高等学校
英語スピーチコンテスト
徳島県予選

2部門で優秀賞受賞!
10月5日(土)、徳島県教育会館において、第36回全国商業高等学校英語スピーチコンテストが開催され、本校情報ビジネス科から、レシテーション(暗唱)部門に2名、スピーチ部門に1名が出場しました。

<レシテーション部門>

丸本  佑理子さん(情報ビジネス科1年)
 “The Power of Compliments”
「褒め言葉のチカラ」


枡田  璃湖さん(情報ビジネス科2年)
“Why did Japanese Fans Clean the World Cup Stadium?”
「なぜ日本のファンはワールドカップ会場をきれいにしたのか?」

<スピーチ部門>


奥村  沙也花さん(情報ビジネス科2年)
 
“Ethical Consumption for a Better World”
「よりよい世界にするためのエシカル消費」

絵文字:良くできました OK レシテーション部門 優秀賞(第3位)

 受賞後の丸本さん

絵文字:良くできました OK スピーチ部門 優秀賞(第2位)

 受賞後の奥村さん

※両部門それぞれ1位(最優秀賞)の人が全国大会に出場
13:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
1234