人権教育
12
2015/12/07

人権・道徳教育講演会

| by:人権教育課

2015年11月25日(水)に海部高校体育館にて人権・道徳教育講演会が行われました。
今回は徳島県人権教育指導員の中原サヲエ先生をお招きして「私と同和問題」の演題でご講演をしていただきました。部落差別が現在も身近に存在していることや,差別的な事に出会っても見て見ぬふりをせず「おかしい」といえる人間になって欲しいこと,一人で言えなければ一緒に言える仲間をつくること,あなたに代わる命はないこと,などについてお話をされました。
講演を聴いた生徒の感想には,部落差別が思っていたよりも身近に存在することに驚き,住んでいる地域で差別されることの不合理性を感じたという意見が多くありました。また差別を憎み,差別を無くすために心を強く持ち,人権についてこれまで以上に学んでいきたいという意見も見られました。
遠方よりご講演に来て頂きました中原先生,本当にありがとうございました。




     
              
              ~生徒の感想より~
●今日の講演会を聴いて部落差別の問題はあまり解決していないことが分かりました。
●私は部落差別について具体的にどのような問題が起こっているのか知りませんでした。今回の講演を聴いて生まれてくるはずの命が差別によって失われることをとても悔しく思いました。差別をなくすために自分に出来ることは限られていますが,まずは自分や周りの人たちの差別に対する考えを見直したいです。
●誰もが自分の生まれたところには思い入れがあり誇りもあると思います。しかし自分の生まれた場所が堂々と言えないのはとても苦しいことです。差別をしている人がいたら声をかけて止めたいと思いました。
●差別が差別を生むような「私は構わないけど周りが・・・」という意見も聞いたことがあります。それではいつまでも差別は消えないと思うので一人一人がしっかりと勉強することが必要だと思いました。
●学校の授業だけでは知ることのない部落差別の現状を知れて改めて部落差別だけでなく差別全般について考えようと思った。
●部落差別を少しでも無くしていけるように私達が得てきた知識や経験を生かしたいです。
 結婚差別は関係のないことではないと思います。いつどこでどのような人と出会うのか分からないからです。差別が存在することへの問題意識が高まりました。
●同和問題はなくさなければならないと思いました。結婚は好きな人とするためにあるのに・・・。
●「あの地域の人は・・・」とその地域の人をひとくくりにする人がいるのはどうかと思います。話してから分かることもあるし,その概念を取り払っていけたらよいのにと思います。私は一人一人を見ていける人になりたいです。
●差別をすることは人間自身の弱さからくると考えます。人間の強さによって変えていって欲しいです。
●多くの人にもっと部落差別について知ってもらいたいと感じた。私達だけでなく立派な大人の人たちにも知ってもらい,無くしてもらいたいと思いました。
09:26
2015/11/20

第46回海部郡人権教育研究大会(海陽大会)

| by:人権教育課
平成27年11月9日(月)に海部高等学校にて第46回海部郡人権教育研究大会の高校部会が開催されました。
「人権意識を高め,希望に向かい,人権課題を解決しようとする実践力をもつ生徒の育成」のテーマのもと,公開授業と講演会が行われました。海部郡内の小・中学校や海陽町教育委員会からは17名のご参加がありました。

公開授業では「命」「バリアフリー」「コミュニケーション」などのテーマのもと,工夫を凝らした授業が展開され,積極的に話合いに参加する生徒の姿が見られました。公共の場で席を譲るときの声かけやブラインドウォークなど,実演を取り入れた授業も展開されました。





その後,「障がい者に対する心のバリアフリー」という演題で人権教育サポーターの久保 修 氏による講演会が行われました。久保氏は「『障がい者を可愛そう』と思うのは偏見であり,幸せか否かは本人が決めること」とお話をされた上で「車いす利用者と話す場合は威圧感を感じさせないように視線の高さを等しくすることが大切だ」と実演を交えて分かりやすく説明されました。

11:50
2015/10/08

校内人権・道徳教育意見発表会

| by:人権教育課
2015年10月8日(木)の7限目に海部高校にて「校内人権・道徳教育意見発表会」が行われました。全生徒が書いた人権に関する作文の中から、各クラスの代表者15名が堂々と発表を行いました。テーマは「戦争と平和」「子どもと人権」「高齢者」「インターネット」「同和問題」「障がい者」「ドナーカード」「命の大切さ」などがあり,他には感情に訴えかける内容の発表もありました。同世代の意見を聴くことで共感し,以前に比べて人権問題についての意識が変わったという感想が多く見られました。
~生徒の感想文より~

「それぞれが人権に関する考えを持っていて,それを人前で発表できるのがすごいと思った。」
「ドナーカード・ノンドナーカードがあることを初めて知りました」
「『私達は“戦争を知らない世代”と言われているが世界にはまだまだ戦争があって,それを“戦争を知らない世代“といえるのか』という発表者の発言には心を動かされました。」
「意見をはっきり述べている姿に感動した。」
「親や祖母が生きている間に恩返しをしたい。」
「『“高齢者は助けが必要”と思っている人が多いが逆に自分が助けられている』という言葉に共感しました。」
「赤ちゃんは泣いて育つので,泣くからという言う理由で殺してしまうことは本当に信じられない。」
「SNSやインターネットで嫌な気持ちになっている人がいっぱいいるんだなと感じました。」
「私ももう少し人権について真剣に向き合った方が良いと思った。」
「同和問題について日本国民全体が協力してなくして行かなければいけないと思った。」
「今まで人権問題とか興味や意識もなかったが,人ごとではないと思った。」
「もっともっと一人一人が戦争を身近に考えるべきだと実感した。」
「誰かに相談して,もっと前向きに生きていこうと思った。」
「いじめや自殺が起こってしまわないように皆で気をつけて生活していきたいです。」
「心が軽くなるような言葉がたくさん詰まっていて,すごく心に突き刺さるぐらい感動した。」
「迷惑かけるからといって人を頼らない人も多くいるが,この作文で少しでも人を頼ろうと思った人がいると思う。」



20:16
2014/06/27

校内人権学習ホームルーム活動の様子を掲載しました。

| by:人権教育課
 平成26626日(木)に第2回人権学習ホームルーム活動を行いました。今回は、1年生が「子どもと人権」、2年生が「外国人と人権」、3年生が「就職差別につながるとされる14項目」のテーマで行いました。ホームルームではALTのアレックス先生自らの経験を話すものや就職課長自らが各クラスを回って指導されるなど、どのクラスも工夫された授業実践が行われました。


18:57
2014/02/18

今年度最後の人権学習ホームルーム活動

| by:人権教育課
   2月13日(木)第5回人権学習ホームルーム活動を行いました。今年度最後の人権学習ホームルーム活動では、1年生が「性と差別について考える」、2年生が「犯罪の被害を受けた人の人権問題」について学びました。グループ活動、模擬裁判、プレゼンテーションとさまざまな工夫がなされたホームルーム活動が実践されました。


15:24
2013/12/16

「”ありがとう”を伝えたい『私からの手紙』」県知事賞受賞

| by:人権教育課
 平成25年12月15日(日)「”ありがとう”を伝えたい『私からの手紙』」作品表彰式(ヒューマンフェスタとくしま2013)があわぎんホールにて行われました。応募総数5875作品の中から3年生の寺下鈴香さんが県知事賞に選ばれました。寺下さんの作品は地域の人へのありがとうを込めた作品で、豊かな自然と、人情味あふれる地域の人たちに囲まれた田舎暮らしや自分が生まれ育った地元を愛する気持ちが込められたものでした。


11:24
2013/12/05

人権・道徳教育意見発表会

| by:人権教育課
   平成25年11月28日(木)に人権・道徳教育意見発表会を実施しました。本校では,人権について深く考える機会とするため,11月のホームルーム活動の時間を人権意見作文の時間とし,全生徒が1600字程度の作文を書き,各ホームルームから代表を1名選出し,意見発表会を行っています。今年度は,『障がい者と人権』,『高齢者と人権』,『子どもの人権』,『家族の大切さ』などさまざまなテーマで意見発表が行われました。


16:46
2013/12/05

人権・道徳教育講演会

| by:人権教育課
  平成25年11月1日(金)に人権・道徳教育講演会を実施しました。今年度は講師に徳島県人権教育サポーターの久保修さんをお招きし、『心のバリアフリー』のテーマでご講演していただきました。講演の中で、久保さんのこれまでの人生のお話を聞いたり、さまざまな体験ができたりと大変有意義な時間を過ごすことができました。久保さんのお話は笑いあり、涙ありで多くの生徒にとって人権問題を真剣に考える機会になりました。


16:36
12